ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 1 be動詞 (am / are / is)  |Unit 3  be動詞の肯定文「~があります」

今回はbe 動詞の肯定文(~があります/います)についてです。be 動詞を使って場所を伝えることができます。

  

There is/are ~(~があります) の文

通常肯定文(~です)の主語は文頭に来ますが、There is/are ~. の文は例外的に be動詞の後ろに来ます。

 

主語が単数ならThere is ~.

主語が複数ならThere are ~.

 

場所を表す前置詞+名詞

前置詞  in (~の中に)

                  on (~と接触して)

     under (~の下に)

     near (~の近くに)

 

問題

空欄に適切なbe動詞を入れましょう。

 

 1.  There (       ) a yellow house near my school.

 

 2.  There (       ) a black cat under the table.

 

 3.  There (       ) books on the desk.

 

 4.  There (       ) a pen in a pencil case.

 

 5.  There (       ) three boys in this room.

 

【語彙】

yellow (形)黄色い

house (名)家

school (名)学校

black  (形)黒い

cat (名)ネコ

table (名)テーブル

book (名)本

desk (名)机

pen (名)ペン

pencil case (名)ペンシルケース

boy (名)男の子

room (名)部屋

 

解答

 1.  There (   is  ) a yellow house near my school.

 

 2.  There (  is   ) a black cat under the table.

 

 3.  There (  are  ) books on the desk.

 

 4.  There (  is   ) a pen in my pencil case.

 

 5.  There (  are  ) three boys in this room.

 

ここ大事!

There is/are ~の文の主語は不特定の名詞です

それに対し、「一度話題にのぼった名詞」、「誰かの物」、「特定の人」などのような特定の名詞を主語にするときは、there is/are 構文は使えません。特定の名詞を主語にし「主語+be動詞+場所」で表します

 

 6.  My cat is under the table.

 

 7.  My pens are on the desk.

 

 8.  Tom and Mary are in this room.

 

 

 

今回のポイント

「不特定の物がある/人がいる」というときにはThere is/are ~.

「特定の人や物の場所」を表すときには、主語+be 動詞+場所

 

英語で言ってみましょう!

1.  私の学校の近くに黄色い家があります。

 

2.  テーブルの下に(一匹の)黒いネコがいます。

 

5.  この部屋に3人の少年がいます。

 

7.  私のペン(数本)が机の上にあります。

 

8. トムとメアリーはこの部屋にいます。

 

前の記事はこちら↓

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

次の記事はこちら↓

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work