ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 15 接続詞 | Unit 9  時を表す従位接続詞 |until〔till〕/ by the time / since

接続詞には「等位接続詞」と「従位接続詞」の2種類があります。

今回は「時」を表す従位接続詞についてお伝えします。

 

まず従位接続詞について簡単に説明します。

従位接続詞は「主節」と「従属節」を結びます。

」とは、S+Vを含む2語以上の固まりです。

  

ここ大事!

主節と従属節は対等な関係ではありません。

 

主節はそれだけで意味を成しますが、従属節だけでは意味を成しません。

例)子供の頃は(従属節)、毎日外で遊んでいました(主節)。

 

従属節には役割によって名詞節形容詞節副詞節があります。

 

今回は「…するまで(に)」「…して以来」という意味を表す従位接続詞 についてお伝えします。

これらの接続詞が導く節は副詞節で、この節がなくても文が成り立ちます。

  

品詞については、こちら↓を参考にしてください。www.keiko.work

 

(1) until〔till〕「…するまでずっと

1. Practice it until you feel confident.

自信がつくまで練習しなさい。

 

2. Don't quit until you reach it.

それを達成するまであきらめないでください。

 reach: 目的などを達成する、目的地などに到着する

 

比較

until と till はほぼ同じように使うことができますが、文頭では until が好まれます。

 

 

(2) by the time「…するまでに」「…のときには」

by the time に続く文が表す時までに、主節の動作が完了していることを表します。

 

3.  By the time  he is thirty-five, he will be earning twice as much as he does now.

彼が35歳になるまでに、収入が今の2倍になっているでしょう。

補足①

will be earning …は未来進行形です。

未来進行形は以下のような場合に使われます。

1.未来のある時点に行われているであろう動作を表す場合

2.すでに確定している未来の予定を表す場合

3.疑問文で使われ、丁寧に相手の計画などについて尋ねる場合

 

こちら↓も参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp 

 

補足②

he does now の does代動詞で、前に出た動詞の代わりをします。

ここでは earn(収入などを獲得する) の代わりに使われています。

 

 

ここ大事!

時や条件を表す副詞節の中では、未来におこることでも未来形ではなく現在形または現在完了形を用います。

× By the time  he will be thirty-five, he will be earning twice as much as he does now.

 

詳しくはこちら↓を参考にしてください。 

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

 

4. By the time I graduated from elementary school, I decided to be a doctor.

比較①

until〔till〕は「継続の終了時点」を表し、継続を表す動詞(状態動詞及びある程度の時間の幅を持つ動作動詞)と共に使われます。

 

ただし、2. のように否定文では瞬間的な動作を表す動詞と共に使われることもあります。2. はあきらめない状態が継続していると考えることができます。

 

by the timeはその時までにその動作が終わる「期限」を表し、瞬間的な動作を表す動詞(動作動詞)と共に使われます。

 

状態動詞と動作動詞については、こちら↓を参考にしてください。 keikoringbasic.hatenablog.jp

 

(3) since「…して以来

5.  I have known her since we were children.

私は彼女のことを子どもの頃から知っています。

補足

have +過去分詞」は現在完了形で、その動作や状態がずっと続いていることなどを表します。現在完了形については、後日お伝えします。

 

ここではsince…がその動作や状態の起点を表しています。

 

 

比較

同じような意味を持つ前置詞との違いにも注意しましょう。

以下のような前置詞の後には名詞が続き、接続詞の後には文が続きます。

 

I will wait for you until three.

私は3時まであなたを待っています。

(until前置詞としても、接続詞としても使われます。)

 

I have to finish this report by tomorrow.

私は明日までにこのレポートを終えなければいけません。

 

I have known her since 2000.

私は2000年以来ずっと彼女のことを知っています。

 

前置詞については、こちら↓を参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

問題

英語で言いましょう。

1. 自信がつくまで練習しなさい。

2. それを達成するまであきらめないでください。

3. 彼が35歳になるまでに、収入が今の2倍になっているでしょう。

4. 小学校を卒業するころには、私は医者になると決めていました。