ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 22 分詞 Unit 4 〈使役動詞+O+過去分詞[動詞の原形 / to 不定詞〉

今回は使役動詞過去分詞についてお伝えします。

 

使役動詞は第5文型で使われます。まずは第5文型について確認しておきましょう。

 

第5文型(SVOC)では Oの状態や様子などを Cで表します。

 

通例 第5文型(SVOC) の C には形容詞または名詞が使われますが、述語動詞に知覚動詞使役動詞を用いて、「O が…する」「Oが…~される」のように O の動作を表す際は C動詞が変化した形が使われます。

 

 

今回は使役動詞を使った場合についてお伝えします。

 

 

使役動詞を使った第5文型(SVOC)では、C動詞の原形[to 不定詞]を使う場合と、過去分詞を使う場合があります。

 

★動詞や意味によって、補語にどの形が来るかが変わるので注意しましょう。

 

 

 

まずは、使役動詞分詞について確認しておきましょう。

 

使役動詞とは

主語の動作や状態ではなく、目的語の人物に「…してもらう(させる)」という意味を持つ動詞を使役動詞と呼びます。

 

主な使役動詞とそれぞれの基本的な意味:

make 

~に強制的に…させる

(単に原因を表す場合もある)

 

 

have 

(業者や同僚など)~にしてもらう

(被害を受けて)~される

~が…するのを容認する

 

 

let

~が…するのを許可する

 

 

get(主にイギリス英語)

~に…してもらう

 

 

 

 

分詞とは

簡単にいうと、分詞とは動詞形容詞に変化したものです。

注) ただし、「分詞構文」は副詞(句)です。

 

動詞と形容詞の性質をかち持っているということからつけられたという説もあります。

 

 

 

形容詞

形容詞についても簡単に確認しておきましょう。

 

★形容詞は名詞の状態や性質を説明します。

 

★分詞の場合は元々が動詞なので、long / tall / pretty などのような通常の形容詞と違い、「気持ち動きを表す形容詞」と考えることができます。

 

形容詞には名詞を直接する限定用法と、文中の補語(C)として用いられる叙述用法があります。

 

形容詞の限定用法と叙述用法については、こちら↓を参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

 

分詞も通常の形容詞と同じように限定用法叙述用法があります。

 

 

 

ここ大事!

1. 使役動詞のうち make、have、get 使った第5文型で O の動作を表す際、「Oが…される」なら C過去分詞を使います。

 

 

2.使役動詞のうち、make、have、let を使った第5文型で O の動作を表す際、「O が…する」なら C 動詞の原形を使います。

(補足:haveは補語に現在分詞を使い、ある一定期間を暗示することもあります。)

 

 

3. 使役動詞のうち、 get を使った第5文型で O の動作を表す際、「O が…する」なら C to 不定を使います。

(補足:get は補語に現在分詞を使い、ある一定期間を暗示することもあります。)

 

 

 

 

 

補語にどのような形が使われるか、例文で確認しましょう。

 

 1. My father made me do my homework before dinner.

父は夕飯の前に宿題をさせました。

 

do は「~をする」という意味。

 

me がする。→  動詞の原形

 

比較

1'.  My father did my homework before dinner.

私の父は夕食の前に私の宿題をやりました。

 

 

 

2. His joke made us laugh.

彼の冗談は私達笑わせました。

 

laugh は「笑う」という意味。

 

us が笑う。→  動詞の原形

 

 

 

3. I could not make myself understood in English.

私は英語で自分の言いたいことを伝えることができませんでした。

(私は自分自身英語で理解してもらうことができませんでした。)

 

understand は「~を理解する」という意味。

 

myself が理解される。→  過去分詞

 

比較

3'. I could not understand their English.

私は彼らの(彼らが話す)英語が理解できませんでした。

 

 

補足

★目的語が、目的格の me ではなく再帰代名詞myself なのは、主語と同一人物だからです。

 

詳しくはこちら↓を参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

 

 

 

4. I had my hair cut.

私は(私の)髪切ってもらいました。

 

cut(cut - cut- cut) は「~を切る」という意味。

 

my hair が切られる。→  過去分詞

 

比較

4'. I cut my hair.

私は(自分で)(私の)髪を切りました。

 

 

 

5. He had his bag stolen.

彼はバッグ盗まれました。

 

steal は「~を盗む」という意味。

 

his bag が盗まれる。→ 過去分詞

 

比較

5'. They stole his bag.

彼らは彼のバッグを盗みました。

 

 

 

 

6. He had his secretary book a hotel.

彼は 秘書ホテルを予約しもらいました。

 

book は「~を予約する」という意味。

 

his secretary が予約する。→  動詞の原形

 

比較

6'. His secretary booked a hotel.

彼の秘書はホテルを予約しました。

 

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

 

 

問題

英語で言いましょう。

1.  父は私に夕飯の前に宿題をさせました。

 

2.  彼の冗談は私達を笑わせました。

 

3.  私は英語で自分の言いたいことを伝えることができませんでした。

 

4.  私は(私の)髪を切ってもらいました。

 

5.  彼はバッグを盗まれました。

 

6.  彼は 秘書にホテルを予約してもらいました。

 

 

前の記事はこちら↓

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

次の記事はこちら↓

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work