ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 27  仮定法 Unit 3  過去の仮定 (仮定法過去完了)

今回は仮定法についてお伝えします。

 

まずは「法」とは何かについて確認しましょう。

 

「法」とは

話者が「自分が話す内容についてどのように思っているか」を示す動詞の形を「」と呼びます。

 

直説法仮定法命令法の3つがあり、違いは次の通りです。

 

1.直説法

話者が「事実だ」と考えている内容を述べる際に用いられます。

多くの文は直説法です。

 

2.仮定法

話者が「事実ではない」「実現の可能性はほぼない」と考えている内容を述べる際に用いられます。

 

3.命令法

話者の「命令や要求」などを述べる際に用いられます。

 

文の種類 (大きく分けて、平叙文、疑問文、命令文、感嘆文の4種類) の一つとして考えられるときは、「命令文」と呼ばれます。

 

 

 

Lesson 27では仮定法について説明します。

 

ここ大事!

仮定法では、「現実ではない」と考えていることを、時制を一つ前にずらすことで表します。

 

丁寧な表現として使われることもあります。

 

 

 

話者の判断なので、同じ内容でも人によって直説法か仮定法かが違うこともあります。

 

話者があり得ることだと思えば直説法で、ほぼあり得ないことだと思えば仮定法で表します。

 

 

各ユニットで説明するのは次の通りです。

Unit 1 

直説法と仮定法の違い

 

Unit 2 

現在の仮定(仮定法過去)

「もし今~なら、(今)…だろうに」

 

Unit 3 

過去の仮定(仮定法過去完了)

「もしあの時~だったら、(あの時)…だったろうに」

 

Unit 4 

if節と主節で時制が異なる場合の仮定

if節は過去の仮定

主節は現在の仮定

「もしあの時~だったら、今…だろうに」

 

Unit 5 

現在の事実に反したり、実現できそうもないことへの願望

if 節はなく、主節のみ

「今~であればいいのに」

 

Unit 6 

過去における事実に反することや、過去において実現しなかったことへの願望

if 節はなく、主節のみ

「あの時~だったらよかったのに」

 

Unit 8

未来のことについて「仮に~なら」と仮定

実現の可能性がほぼない場合だけでなく、可能性がある場合の仮定を表すこともある

 

Unit 9

as if を使った仮定法

「まるで~のように」

「まるで~したかのように」

 

Unit 10

if を使わない仮定法

 

 

 

Unit 3 では過去の仮定について説明します。

 

動詞の形は次の通りです。

 

If + S’ + 過去完了形 ~, S + would/could/might +have+過去分詞形~.

もしあの時~だったら、(あの時)...だったろうに

 

if 節内で過去完了形を用いるため、仮定法過去完了と呼ばれます。

 

 

助動詞の意味は次の通りです。

would ~だろう

could ~できるだろう

might ~かもしれないだろう

 

 

例文で確認しましょう。

1.  If I had known her phone number at that time, I would have called her.

 もしあの時私が彼女の電話番号を知っていたら、彼女に電話しただろうに。

 

実際は電話番号を知らなかったため電話できなかったので仮定法で表す

 

if 節は過去の事実と違うことを過去完了形で表す

 

過去形から大過去(過去完了形)へ時制を一つずらす

 

 

主節は過去の事実と違うことを〈助動詞の過去形+have+過去分詞形〉で表す

 

 

大過去については、こちら↓を参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

 

助動詞の後ろに〈have+過去分詞形〉を続けて過去を表しますが、時制を一つ後ろにずらす際に〈have+過去分詞形〉の形を使うことは同じですね。

 

こちら↓も参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

www.keiko.work

 

 

 

2.  If I had not been busy, I could have attended the conference.

 もし忙しくなかったら、私はその会議に参加できたのに。

 

実際は忙しかったため参加できなかったので仮定法で表す

 

if 節は過去の事実と違うことを過去完了形で表す

 

過去形から大過去(過去完了形)へ時制を一つずらす

 

 

主節は過去の事実と違うことを〈助動詞の過去形+have+過去分詞形〉で表す

 

 

 

3.  What would I have done if I had not met you at that time?

 もしあの時あなたに会っていなかったら、私はどうしていたでしょう。

 

実際は会ったためうまくいったので仮定法で表す

このように、仮定法で感謝の気持ちを表すことができます。

 

主節は過去の事実と違うことを〈助動詞の過去形+have+過去分詞形〉で表す

 

if 節は過去の事実と違うことを過去完了形で表す

 

過去形から大過去(過去完了形)へ時制を一つずらす

 

 

 

 

 

問題

英語で言いましょう。

1.  もしあの時私が彼女の電話番号を知っていたら、彼女に電話しただろうに。

 

2.  もし忙しくなかったら、私はその会議に参加できたのに。

 

3.  もしあの時あなたに会っていなかったら、私はどうしていたでしょう。

 

 

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.workwww.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

 

 

 

前の 記事はこちら↓

keikoringbasic.hatenablog.jp

次の記事はこちら↓

keikoringbasic.hatenablog.jp