ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 12 副詞 | Unit 3 頻度を表す副詞

単語の意味や役割によって10のグループに分けられますが、文法上そのグループを品詞と呼びます。

 

今回は10の品詞の一つの副詞についてお伝えします。

 

副詞は、動詞、形容詞、他の副詞、文全体など色々な語句を修飾します。

 

副詞は通常単独で用いられ、前後に前置詞や形容詞などを伴うことはありません。

 

修飾語なので、副詞がなくても文が成り立つのも特徴のひとつです。

 

原則的に副詞は文尾に置かれますが、強調するときや対比するときには文頭に置かれることもあります。

 

副詞はさまざまな内容を表しますが、今回は頻度を表す副詞についてお伝えします。

 

 

明確な頻度を表す副詞

通常文尾に置かれますが、強調や比較のため文頭に置かれることもあります。

 

 1. I take a bath after dinner every day.

私は毎日夕食後にお風呂に入ります。

 

 2. I update my blog weekly / every week.

私は毎週ブログを更新します。

 

weeklyには形容詞の用法もあり、a weekly magazine (週刊誌) のように名詞を修飾することもあります。

 

 3. We hold a party annually / every year / once a year.

私たちは一年に一度パーティーを開きます。

 

 

 

漠然とした頻度を表す副詞

ある人にとって「いつも」は1年のうち365日でも、別の人にとっては350日かもしれません。

 

また、ある人にとって「たいてい」とは1月のうち30日かもしれませんが、20日だという人もいるでしょう。

 

このように、人によってとらえ方が違う頻度を表す副詞(ただしneverはみんなゼロ回なので、例外)は通常以下の位置に置かれます。

 

一般動詞の前

または

be動詞、助動詞の後

 

このような不明確な頻度を表す副詞は以下の通りです。

always(いつも)

usually(たいてい)

often / frequently(よく、しばしば)

sometimes(ときどき)

seldom / rarely(めったに~ない)

never(一度も~ない) など

 

 

4. I always study English after dinner.

私はいつも夕食の後に英語を勉強します。

 

 5. Tom sometimes calls his mother.

トムはときどきお母さんに電話します。

 

注)sometimes は副詞なのでcalls の 3単現のs が取れてが原形になり、call になることはありません

 

動詞が原形になるのは、文の中に do / does / can / may / will などの助動詞が使われているときです。副詞と助動詞を混同しないようにしましょう。

 

 

問題

英語で言ってみましょう。

 

 1. 私は毎日夕食後にお風呂に入ります。

 

 2. 私は毎週ブログを更新します。

 

 3. 私たちは一年に一度パーティーを開きます。

 

 4. 私はいつも夕食の後に英語を勉強します。

 

 5. トムはときどきお母さんに電話します。

 

 

頻度を表す副詞にも2種類あり文中での位置が違うので、注意が必要です。