ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 4 時制(1) | Unit 4  現在形  「不変の真理」と「未来の代用」

動詞は用途に応じて語形変化しますが、今回はそのうちの動作動詞の「現在形」の文についてお伝えします。

 

現在形

Lesson 4 Unit 2 でも説明したように、動詞の形の一つである「現在形」が表すのは、「現在」または「今」のことだけではないので注意が必要です。

 

ここ大事!

 

「現在形」は、「過去ー現在ー未来」という広い範囲の時を表します。

 

 

「現在形」が表すのは

1.過去から未来までの状態

2.習慣や反復的動作

3.不変の真理

4.未来など他の時制の代用です。

 

今回はそのうち「不変の真理」「未来など他の時制の代用」についてお伝えします。

 

 

 

1.不変の真理

「過去ー現在ー未来」とずっと変わる事のない真理を表すときにも、現在形が用いられます。ことわざも現在形で表されます。

 

 

 1.  The earth goes around the sun.

地球は太陽の周りを回ります。

 

 2.  Time is money.

時は金なり。

 

 3.  The sun rises in the east and sets in the west.

太陽は東から昇り西へ沈みます。

 

注)

✖ The sun rises from the east and sets to the west.

日本語は「~から」昇り「~へ」沈むといいますが、英語では from / to ではなく、両方 in を使うことに注意しましょう。

これは、方向ではなく、「東」や「西」という空間で起こると考えられるためです。

 

 

 4.  Spring comes after winter.

春は冬のあとに来ます。

 

 

 

 

2.未来など他の時制の代用

 

 5.  If it rains, we will stay home tomorrow.

もし雨なら、私たちは明日家にいます。

 

時や条件を表すwhen(~のとき) や if(もし~なら) などの副詞節の中は、未来のことでも現在形で表します。(副詞節や未来形などについては、後日説明します。)

 

 

 6.  The train leaves at 6:00 am.

その列車は午前6時に出発します。

 

カレンダーや時刻表など、変更不可能な事柄は未来のことでも現在形で表します。

 

 

 

問題

空欄に適切な単語を入れましょう。

 

 1.  The earth (          ) around the sun.

地球は太陽の周りを回ります。

 

 2.  Time (       ) money.

時は金なり。

 

 3.  The sun (          ) (        ) the east and (          ) (       ) the west.

太陽は東から昇り西へ沈みます。

 

 

 4.  Spring  (              ) after winter.

春は冬のあとに来ます。

 

 

 5.  If it (             ), we will stay home tomorrow.

もし雨なら、私たちは明日家にいます。

 

 

 6.  The train (            ) at 6:00 am.

その列車は午前6時に出発します。

 

 

 

まとめ

不変の真理や確定的な予定は現在形で表します。