ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 18 時制(4) Unit 4 現在完了進行形

今回は現在完了進行形についてお伝えします。

 

現在完了進行形の説明の前に、現在形過去形未来形現在進行形、過去進行形未来進行形、現在完了形について確認しておきましょう。

 

なお、時制を考えるときには、その動詞が状態動詞動作動詞かに注目しましょう。

 

状態動詞と動作動詞については、こちら↓を参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

 

現在形

状態動詞:

現在を中心にした持続的な状態や性質

 

動作動詞:

現在を中心にした習慣や反復的動作

など

 

 

過去形

状態動詞:

過去のある一定期間の状態

 

動作動詞:

1.過去に~したという一度だけの動作や出来事

 

2.過去の習慣や反復的動作

 

 

未来形

状態動詞:

未来のある一定期間の状態

 

動作動詞:

未来に起こる動作や出来事

 

 

現在進行形

主に動作動詞

今まさに行われている動作

など

 

 

過去進行形:

主に動作動詞

過去のある時点に行われていた動作

など

 


未来進行形

主に動作動詞

未来のある時点に進行中であるはずの動作

など

 

 

現在完了形 

肯定文:S + have〔has〕+過去分詞 ….〉

疑問文:Have〔Has〕+ S + 過去分詞 … ?〉

否定文:〈S+have〔has〕not + 過去分詞 ….〉

 

ひとことで言うと、過去の出来事や事柄などが現在に何らかの影響を与えていること表します。

 

次の3つの用法に分けられます。

★状態動詞か動作動詞かにも注目しましょう。

注)日本人にとって理解しやすい順に紹介します。

 

 

1.継続 「今までずっと~だ」

  主に状態動詞

  一部の動作動詞

 

2.経験 「今までに~したことがある」

  主に動作動詞

  一部の状態動詞

 

3.完了・結果「今~したところだ」

  動作動詞

 

 

 

今回お伝えする現在完了進行形は、過去に始めた動作の継続を表します。

 

進行形と同じように「いつ終わるか分からない」というニュアンスを持っているため、今後もその動作が続くことを暗示しています。

 

現在完了進行形 

S + have〔has〕+been+doing ….〉

 

 

ここ大事!

状態動詞の状態の「継続」は現在完了形を使いますが、動作動詞の動作の継続は通常現在完了進行形を使います。

 

ある特定の動作動詞の「継続」は、現在完了形で表すこともあります。

こちら↓を参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

 

 

 

1. Tom has been reading for three hours.

 トムは3時間読書をしています。

 

 

2.  Have you been watching TV since this morning?

 あなたは今朝からずっとテレビを見ているのですか。

 

 

 

「現在完了進行形」と一緒に使われる語句:

for(~の間) : 期間

前置詞なので後ろに名詞を伴います。

 

since (~以来): 起点

前置詞と接続詞の用法があります。

前置詞の後には名詞を、接続詞の後には〈S+V〉を伴います。

 

How long …? (どのくらい…?)

 

 

 

問題

英語で言いましょう。

1. トムは3時間読書をしています。

 

2.  あなたは今朝からずっとテレビを見ているのですか。