ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 13 比較級・最上級・同等比較 | Unit 3 同等比較 | 原級を使った比較表現

「どちらが品質がいいか」「どちらが年上か」「どれが一番似合うか」など、比較する機会は多いと思います。Lesson 13では比較表現についてお伝えします。

  

英語では形容詞や副詞を変化させて比較しますが、その形は以下の3種類です。

原級: 比較変化しない元の形 例)tall

比較級:2人または2つを「~より…だ」と比較するときの形 例)taller

最上級:3人または3つ以上を「~の中で最も…だ」と比較するときの形 例) tallest

 

英語の比較表現には、何をどのように比較するかによって以下の3種類があります。

1.2人または2つを「~より…だ」と比較するとき

  比較級+than~

2.3人または3つ以上を「~の中で最も…だ」と比較するとき

  最上級+of / in / among / that+関係代名詞節など

3.「AはBと同じくらい…だ」と同程度であることを表すとき(同等比較)

  A…as+原級(+名詞)+as B

 

比較変化

形容詞や副詞の比較変化には、「規則変化」と「不規則変化」の2種類があります。

1.規則変化

「-er、-est 型」と「more+原級、most+原級型」の2種類があります。ざっくり分けると短めの単語が「-er、-est 型」、長めの単語が「more+原級、most+原級型」ですが、長さだけで決まるわけではないので、辞書で確認するようにしましょう。

 

音節

それぞれの単語は、一つまたは二つ以上の音節に分かれます。

音節とは最小の単位のことで、通常一つの音節に一つの母音が含まれます。

辞書には音節ごとに「・」で区切られています。

例)hap・py (happyは2音節) 幸せな

 

(1) -er、-est 型

どのように-er、-estをつけるかには以下の4つのタイプがあります。

①原級の語尾に-er、-estをつける 

例)fast - faster - fastest (形) 速い、(副) 速く

 

②原級が-eで終わっているときは -r、-stをつける 

例)large - larger - largest (形) 大きい

 

③原級が「子音字+y」で終わっているときは yを i に変えて-er、-estをつける 

例)easy - easier - easiest  (形) 容易な

 

④原級が「短母音+子音字」で終わっているときは子音字を重ねて-er、-estをつける 例)big - bigger - biggest (形) 大きい

*短母音とは、伸ばさずに短く発音する母音のことです。

 

1音節の語: 

tall - taller - tallest (形) 背が高い

old - older - oldest (形) 年をとった、古い

young - younger - youngest (形) 若い

など

 

2音節の語:

eas・y - easier - easiest (形) 容易な

sim・ple - simpler - simplest (形) 単純な

など

 

 

(2) more+原級、most+原級型

2音節の語

fa・mous - more famous - most famous (形) 有名な

など

 

3音節以上の語

pop・u・lar - more popular - most popular (形) 人気のある

など

 

-lyで終わっている語

slowly - more slowly - most slowly (形) ゆっくりと

など

 

 

2.不規則変化

原級:good(形) よい、well(形) 健康な  (副)上手に

比較級: better

最上級: best

 

原級:bad(形) 悪い、ill(形) 病気の  (副)悪く、badly(副) ひどく

比較級: worse

最上級: worst

 

原級:many(形) 数が多い、much(形) 量が多い

比較級: more

最上級: most

*規則変化の「more+原級」のmoreとの違いに注意しましょう。

 

原級:little(形) 少量の (副) 少し

比較級: less

最上級: least

 

 

今回は「Aは Bと同じくらい…だ」「AはBほど…ではない」という意味の比較表現(同等比較と呼びます)についてお伝えします。

 

同等比較の形

同等比較は〈A…as+原級(+名詞)+as B … 〉で表します。

「Bと同じくらい…だ」と、B を基準に A について述べる表現なので、話し手も聞き手も B について知っているという前提の表現です。

 

 

 

 1. My brother is as tall as  I〔me〕.

私の兄は私と同じくらいの背丈です。

ここ大事!

1. as の後は共通している語を省略します。

~ as I  ( am ).

 

2. ただし、as の後に代名詞が続く場合、特に口語では主格(  I ) ではなく目的格 ( me ) が使われる傾向があります。

比較

He is tall. / I am tall. は相対的に背が高いことを表しますが、同等比較の文は背丈が同じくらいだと述べているだけなので、実際に背が高いかどうかは分かりません。

 

  

 2.  I ran as fast as Mary (did).

私はメアリーと同じくらい速く走りました。

ここ大事!

動詞を省略して as Mary とすることもできますが、動詞を残す場合は ran(run の過去形) の代わりに did のような助動詞を使います。これを代動詞と呼びます。

代動詞には以下の3種類があります。

do    現在形の動詞の代わり  例)run

does 3単現の s のついた動詞の代わり  例)runs

did   過去形の動詞の代わり 例)ran

 

 

 3. She has as many CDs as I (do).

彼女は私と同じくらい多くの CD を持っています。

ここ大事!

as … as の間に many CDs のように「形容詞+名詞」を入れることもあります。

 

 

 

 4. The population of this city is twice as large as that of that city.

この市の人口は、あの市の(人口の)2倍です。

 

that は代名詞で、前述の the population の代わりに使われています。

よろしければこちら↓を参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

www.keiko.work

 

ここ大事!

「○倍」と言いたい時には、as … as の前に、twice (2倍)、half (半分)、three times (3倍) などを使います。3倍以上は ○ times で表します。

 

分数の表し方

分数は、分子を整数、分母を序数で表します。分子が複数のとき、分母の序数に複数の s がつきます。

3分の 1 :   one-third

3分の 2: two-thirds

 

 

 5. I  cannot speak English as fluently as Mary (can).

私はメアリーほど流暢に英語を話すことができません。

 

〈A…not as+原級(+名詞)+as B … 〉「AはBほど…でない」という意味を表します。

 

 

問題

英語で言ってみましょう。

1. 私の兄は私と同じくらいの背丈です。

 

2. 私はメアリーと同じくらい速く走りました。

 

3. 彼女は私と同じくらい多くの CD を持っています。

 

4. この市の人口は、あの市の(人口の)2倍です。

 

5. 私はメアリーほど流暢に英語を話すことができません。

 

 

同等比較を使うと「同じくらい」や「○倍」と比較することができます。

 

よろしければ、こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work