ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 24 関係詞(2) Unit 5  関係副詞の限定用法と非限定用法

今回は関係副詞の限定用法と非限定用法についてお伝えします。

 

関係詞には関係代名詞と関係副詞があります。

 

最初に関係代名詞と関係副詞の違いを理解したうえで、個々の使い方を確認しましょう。

 

まずは、関係詞関係代名詞関係副詞とは何かを確認しましょう。

 

(1)関係詞

関係詞には、関係代名詞と関係副詞があります。

 

関係詞は等位接続詞 の役割を持っているため直前の*名詞(先行詞と呼ばれる)と、直後の節(関係詞節と呼ばれる)をつなぐことができます。

*先行詞が名詞一語ではなく、句や節のこともあります(Lesson 23 Unit 9)。

 

★関係詞節「黄色いセーターを着た少年(~の…(名詞)のように、後ろから名詞に説明を加えるときに使われます。

 

関係詞節は名詞を修飾するため、形容詞節と考えることができます。

 

等位接続詞について:

「語と語」「句と句」「節と節」などを対等な関係で結びます。

and / but / or などがあります。

 

等位接続詞についてはこちら↓を参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

 

(2)関係代名詞

関係代名詞は等位接続詞と代名詞の働きを併せ持っています。

 

関係代名詞は関係詞節の中での役割によって主格、目的格、所有格を使い分けます。

 

代名詞について:

名詞の代わりに使われ、主語、目的語、補語などの文の要素になります

「代名詞の所有格+名詞」が文の主語、目的語、補語などの文の要素になります

 

代名詞についてはこちら↓を参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

 

(3)関係副詞

関係副詞は等位接続詞と副詞の働きを併せ持っています。

 

関係副詞は関係詞節の中で副詞の役割をします。

 

関係副詞は where、when、why、how の4種類で、先行詞によって使い分けます。

 

副詞について:

動詞、形容詞、副詞、文全体などを修飾します。

修飾語として使われ、文の要素にはなりません

つまり、副詞がなくても文は成立します

 

副詞についてはこちら↓を参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

 

関係詞を選ぶ際の考え方

2つの節があるとき

2つの節があるときは、接続詞が必要。

接続詞の役割を持つ関係詞も選択可能。

 

 

関係代名詞+不完全な文

関係代名詞の後には、主語や目的語が欠けた不完全な文が続いています

(関係詞節全体で完全な文となる)

 

関係代名詞は欠けている要素を補います

主語が欠けていれば主格。

目的語が欠けていれば目的格。(目的格は省略可能)

「所有格+名詞」の所有格が欠けていれば所有格。

「所有格+名詞」は関係詞節の主語や目的語として使われます。

 

関係代名詞の格:

代名詞と同じように、関係代名詞にも格があります。

 

先行詞(関係詞節が修飾する名詞など)によって次のように使い分けます。

人 ― 主格(Lesson 23 Unit 1):who / that(Lesson 23 Unit 4) 

*関係詞節中の動詞は、先行詞の人称と数に一致させます。

 

人 ー 目的格(Lesson 23 Unit 2 & 3):*who(m) /  that(Lesson 23 Unit 4)

口語では目的格にwhoも使われます

 

人以外 ー 主格(Lesson 23 Unit 1):which / that(Lesson 23 Unit 4) 

 

人以外 ー 目的格(Lesson 23 Unit 2 & 3)which / that(Lesson 23 Unit 4)  

 

人でも人以外でも ー  所有格(Lesson 23 Unit 5):whose

 

★関係代名詞の what (Lesson 23 Unit 7) は先行詞を含んでいます。

その他の関係詞節は原則的に先行詞を修飾する形容詞の役割をしますが、what を含む関係詞節は「~すること・もの」という意味で、名詞の役割をします。

 

what は関係詞節の、主語、補語、目的語として使われます。

 

 

3.関係副詞+完全な文

関係副詞の後には、必要な文の要素が全てそろっている完全な文が続いています

 

先行詞によって次のように使い分けます。

場所を表す語 ―  where(Lesson 24 Unit 1)

 

時を表す語 ―  when(Lesson 24 Unit 2)

 

reason(s) ―  why(Lesson 24 Unit 3) *どちらかだけを使うことも多い。

 

なし ― how(Lesson 24 Unit 4) *方法を表す。how の代わりに the way を使うこともある

 

 

4. コンマなしの限定用法とコンマありの非限定用法(Lesson 23 Unit 8 & Lesson 24 Unit 5)

限定用法:

「~の男性」「~のレストラン」のように、たくさんの男性やレストランの中から先行詞を限定する場合はコンマなし

 

 

非限定用法:

限定するのではなく、補足情報として関係詞節を続ける場合は関係詞の前にコンマが必要

 

先行詞が特定の人やものの時には、既に限定されているため、限定用法ではなくコンマをつけた非限定用法で表します。

 

2つの違い:

限定用法非限定用法は、他にもいる[ある]のかその人[それ]しか(い)ないのかが違います。

 

★他にもいる[ある]中で、「関係詞節で説明されている特徴を持つ~」と限定するのなら限定用法(コンマなし)、一人[ひとる]しか(い)ない人や事柄を補足的に説明するのなら非限定用法(コンマあり)です。

 

 

 

今回は関係副詞の非限定用法についてお伝えします。

 

 

ここ大事!

4つの関係副詞 ( where / when / why / how ) の中で非制限用法があるのは where  と when だけで、why と how にはありません。

 

 

例文を使って限定用法と非限定用法の違いを確認しましょう。

 

1.  I met him in Paris, where he had worked as a patissier for seven years.

私は彼とパリで会いましたが、そこで彼はパティシエとして(その時点で)7年間働いていました

 

★関係詞の直後に完全な文 (主語+自動詞+副詞句) が続いています。

→関係詞は関係詞節中の修飾語として使われている

→関係詞は関係副詞

 

★先行詞 Paris は「場所」

→関係副詞は「場所」を表す where が使われます。

 

★関係副詞の非限定用法

関係詞節 [where he had worked as a patissier for seven years] が、直前の Paris (=先行詞) の補足説明をしています。

 

先行詞の Paris は固有名詞で、一つに限定されます

 

パリという都市がいくつかあり、そのうちどのパリかを限定しているのではないため、限定用法は誤りです。

 

 

 

2.  I used to live in a small town, where a famous writer was born and raised.

私は以前小さな町に住んでいましたが、そこである有名な作家が生まれ育ちました

 

★関係詞の直後に完全な文 (主語+自動詞) が続いています。

→関係詞は関係詞節中の修飾語として使われている

→関係詞は関係副詞

 

★先行詞 a small town は「場所」

→関係副詞は「場所」を表す where が使われます。

 

★関係副詞の非限定用法

関係詞節 [where a famous writer was born and raised] が、直前の a small town (=先行詞) の補足説明をしています。

 

 

 

3.  I used to live in a small town where a famous writer was born and raised.

私は以前ある有名な作家が生まれ育った小さな町に住んでいました。

 

★関係詞の直後に完全な文 (主語+自動詞) が続いています。

→関係詞は関係詞節中の修飾語として使われている

→関係詞は関係副詞

 

★先行詞 a small town は「場所」

→関係副詞は「場所」を表す where が使われます。

 

★関係副詞の限定用法

関係詞節[where a famous writer was born and raised] が、直前の a small town (=先行詞) の説明をし、たくさんの小さな町のうちどんな町か限定しています。

 

 

 

4.  He moved to this city in 2000, when his grandfather died.

彼はこの街に2000年に引っ越しましたが、その年に彼の祖父が亡くなりました

 

★関係詞の直後に完全な文 (主語+自動詞) が続いています。

→関係詞は関係詞節中の修飾語として使われている

→関係詞は関係副詞

 

★先行詞 2000 は「時」

→関係副詞は「時」を表す when が使われます。

 

★関係副詞の非限定用法

関係詞節 [when his grandfather died] が、直前の 2000 (=先行詞) の補足説明をしています。

 

先行詞の 2000年 は一つに限定されます

 

2000年という年がいくつかあり、そのうちどの年かを限定しているのではないため、限定用法は誤りです。

 

 

 

関係詞が分かりにくい場合、5文型が理解できていない可能性があります。

その場合は、まずは5文型を理解しておきましょう。

こちら↓を参考にしてください。

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

 

問題

関係詞を使って英語で言いましょう。

1.  私は彼とパリで会いましたが、そこで彼はパティシエとして(その時点で)7年間働いていました

 

2.  私は以前小さな町に住んでいましたが、そこである有名な作家が生まれ育ちました。

 

3. 私は以前ある有名な作家が生まれ育った小さな町に住んでいました。

 

4.  彼はこの街に2000年に引っ越しましたが、その年に彼の祖父が亡くなりました

 

 

 

こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

www.keiko.work

 

 

 

前の記事はこちら↓

keikoringbasic.hatenablog.jp

 

次の Lesson はこちら↓

keikoringbasic.hatenablog.jp