ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 12 副詞 | Unit 1 場所を表す副詞

単語の意味や役割によって10のグループに分けられますが、文法上そのグループを品詞と呼びます。

 

今回は10の品詞の一つの副詞についてお伝えします。

 

副詞は、動詞、形容詞、他の副詞、文全体など色々な語句を修飾します。

 

副詞は通常単独で用いられ、通常前後に前置詞や形容詞などを伴うことはありません。

 

修飾語なので、副詞がなくても文が成り立つのも特徴のひとつです。

 

原則的に副詞は文尾に置かれますが、強調するときや対比するときには文頭に置かれることもあります。

 

副詞はさまざまな内容を表しますが、今回は場所を表す副詞についてお伝えします。

 

1. Please come here.

ここに来てください。

 

here は副詞なので、to here のように前置詞を伴うことはありません。

それに対し、名詞を伴う場合は to my office のように前置詞が必要です。

 

here は「ここ」のように「」まで含まれていると考えるとわかりやすいでしょう。

 to here とすると「ここに」のように「に」が重複してしまいます。

 

それに対し、名詞の my office は「私の事務所」という意味なので、「~」を表す前置詞の to が必要です。

 

 

2. Tom ran upstairs.

トムは走って2階へ上がりました。

 

upstairs は副詞です。

 

 

 3. I met Tom there this morning.

私は今朝そこでトムに会いました。

 

 there は副詞です。

 

 4. I came home ten minutes ago.

私は10分前に帰宅しました(自宅に来ました)。

 

home は副詞です。

 

5. I went downtown for shopping.

私は買い物をするために繁華街へ出かけました。

 

downtown は副詞です。

 

問題

英語で言いましょう。

1. ここに来てください。

2.トムは走って2階へ上がりました。

3. 私は今朝そこでトムに会いました。

4. 私は10分前に帰宅しました(自宅に来ました)。

5. 私は買い物をするために繁華街へ出かけました。

 

 

品詞については、こちら↓も参考にしてください。

www.keiko.work