ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 17  能動態と受動態 | Unit 5 助動詞を含む受動態

今回は助動詞を含む能動態受動態についてお伝えします。

 

まずは能動態受動態の違いについて確認しましょう。

 

能動態

「~する」という意味を表す動詞の形

 動作をする人物が主語

 

受動態

「~される」という意味を表す動詞の形

動作をされる人物が主語

 

能動態の目的語(O)が受動態の主語(S)になる 

 

主に〈be動詞+過去分詞〉の形で表される

 

主語と時制によってbe動詞を変化させる

 

 

今回のように助動詞が含まれる場合は

助動詞(+not)+be+過去分詞〉の形で表される

 

 

 

 

能動態の文

1. We cannot see stars tonight.

今夜私たちは星を見ることができません。

 

 

受動態の文

2.  Stars cannot be seen tonight (by us).

直訳: 今夜(私たちによって)星は見られることができません。

 

敢えて言う必要がないときや、「見えない」という事実を伝えたいときは、受動態では動作主 は省略される。

 

能動態の目的語の stars が受動態の主語になり、〈助動詞+not+be+過去分詞〉が続く。

 

 

 

能動態の文

3. You must  finish your report by tomorrow.

あなたは明日までにレポートを提出しなければいけません。

 

 

受動態の文

4.  Your report must be finished by tomorrow (by you).

直訳: あたなのレポートは(あなたによって)終えられなければいけません。

 

敢えて言う必要がないときや、「終えなければならない」という事実を伝えたいときは、受動態では動作主 は省略される。

 

能動態の目的語の your report が受動態の主語になり、〈助動詞+be+過去分詞〉が続く。

 

 

能動態の文

5. You should  consider her feelings.

あなたは彼女の気持ちを考慮した方がいいですよ。

 

 

受動態の文

6.  Her feelings should be considered (by you).

直訳: 彼女の気持ちが(あなたによって)考慮された方がいいですよ。

 

敢えて言う必要がないときや、「考慮されなければならない」という事実を伝えたいときは、受動態では動作主 は省略される。

 

能動態の目的語の her feelings が受動態の主語になり、〈助動詞+be+過去分詞〉が続く。

 

 

問題

英語で言いましょう。

1.  今夜私たちは星を見ることができません。

 

2.  直訳: 今夜(私たちによって)星は見られることができません。

 

3.  あなたは明日までにレポートを提出しなければいけません。

 

4.  直訳: あたなのレポートは(あなたによって)終えられなければいけません。

 

5.  あなたは彼女の気持ちを考慮した方がいいですよ。

 

6.  直訳: 彼女の気持ちが(あなたによって)考慮された方がいいですよ。