ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 9 疑問詞(who / whose / whom / what / which / when / where / why / how)を含む疑問文と答え方 | Unit 3 疑問代名詞 主格② (who / what / which) |代動詞

「どこ?」「誰が?」「どうして?」などのように、具体的な情報を求める際に用いられるのが、疑問詞です。


疑問詞には、①疑問副詞、②疑問代名詞、③疑問形容詞の3種類があります。

 

今回もLesson 9 Unit 2に続き疑問代名詞 (who / whom / whose / what / which)のうち、主格の who / what /which を含む疑問文と、その答え方についてお伝えします。

 

簡単に、Lesson 9 Unit 2 の復習をしておきましょう。

 

平叙文(肯定文と否定文)の補語(C) (主語の説明をしています)にあたる部分について尋ねる際には「主格の疑問代名詞 (who / what / which)」を使います。

人について尋ねる際は who
物について尋ねる際は what
2つ(人)、4つ(人)、5つ(人)など、限られた選択肢の中から「人や物」を尋ねる際は which

 

 

今回は、平叙文(肯定文と否定文)の主語(S) にあたる部分について尋ねる場合についてお伝えします。この場合も「主格の疑問代名詞 (who / what / which)」を使います。

 

 

(1) 平叙文 → 疑問詞を含む疑問文 の順に考えてみましょう。

平叙文の太字の部分を疑問詞を使って尋ねましょう。

1.

Mary is my best friend.
メアリーは私の親友です。

 

Q: Who is your best friend?

A: Mary is.

Q: あなたの親友は誰ですか?

A: メアリーです。

 

こことても大事!

平叙文の主語にあたる部分を尋ねる際、つまり疑問詞の who / what / which が主語の際は、平叙文と同じ語順になることに注意!

 

原則的に疑問詞は単数扱いです。

 

答える際はにも注意が必要です。

平叙文にbe 動詞が使われていれば「主語+be動詞」で答えます。

 

 

2.  

Tom painted this picture.

トムがこの絵を描きました。

 

Q:  Who painted this picture?

A:  Tom did.

Q: 誰がこの絵を描きましたか?

A: トムです。

 

ここ大事!

答える際、平叙文に一般動詞が使われているときは「主語+代動詞(do / does / did)」で答えます。

 

代動詞は、動詞の代わりをします。

 

主語が1人称、2人称、または3人称複数で、時制が現在形の場合は do

主語が3人称単数で、時制が現在形の場合は does

過去形の場合は did を用います。

 

 

3.

Rome is the capital of Italy.

ローマはイタリアの首都です。

 

Q: What is the capital of Italy?

A: Rome is.

Q: イタリアの首都はどこですか?

A: ローマです。

 

こことても大事!

「イタリアの首都はどこですか?」という日本語につられて、

Where is the capital of Italy?

とする間違いがとても多いので要注意です。

 

この場合は「西側」のような、地理的な位置を尋ねていることになります。

 

「場所」ではなく「都市名」が知りたいのですから、疑問詞は where ではなく what を用います。

 

 

4. 

Tom calls Mary every day.

トムは毎日メアリーに電話します。

 

Q: Who calls Mary every day?

A: Tom does.

Q: 誰が毎日メアリーに電話しますか?

A: トムです。

 

 

5.

Tom helped me yesterday.

トムが昨日私を助けてくれました。

 

Q: Who helped you yesterday?

A: Tom did.

Q: 誰が昨日あなたを助けてくれたのですか?

A: トムです。

 

 

6.

The Internet is useful in my everyday life.

インターネットは日常生活で役立ちます。

 

Q: What is useful in your everyday life?

A: The Internet is.

Q: 何が(あなたの)日常生活で役立ちますか?

A: インターネットです。

 

 

7.

There are two men in this picture.

The tall man is my brother.

この写真には2人男性が写っています。

背の高い方が私の兄です。

 

Q: Which is your brother?

A: The tall man is.

Q: どちらがあなたのお兄さんですか?

A: 背の高い方です。

 

 

問題

英語で言ってみましょう。

 

1.

Q: あなたの親友は誰ですか?
A: メアリーです。(2語で)

 

2.

Q: 誰がこの絵を描きましたか?
A: トムです。(2語で)

 

3.

Q: イタリアの首都はどこですか?
A: ローマです。(2語で)

 

4.

Q: 誰が毎日メアリーに電話しますか?
A: トムです。(2語で)

 

5.

Q: 誰が昨日あなたを助けてくれたのですか?
A: トムです。(2語で)

 

6.

Q: 何が(あなたの)日常生活で役立ちますか?
A: インターネットです。(3語で)

 

7.

Q: (2人のうち)どちらがあなたのお兄さんですか?
A: 背の高い方です。(4語で)

 

 

まとめ

Who / What / which が主語の場合は、Yes / No 疑問文ではなく、平叙文(肯定文と否定文)と同じ語順になることに注意しましょう。