ゼロからやり直し英文法

英語を基礎から勉強し直したい方のためのブログです!

ゼロからやり直し英文法 |Lesson 19 不定詞 Unit 12 〈be動詞+形容詞+to不定詞〉

今回は〈be動詞+形容詞+to不定詞〉の形についてお伝えします。

 

まずは不定詞について確認しておきましょう。

不定詞とは:

「~詞」と呼ばれますが、単語の意味や役割によって分けられる10の品詞には含まれません。

 

動詞の働き方の一つで、文中で名詞、形容詞、副詞の役割をします。

 

このように品詞が一つに定まらないことから、不定詞と名付けられたともいわれています。

 

ここ大事!

不定詞は動詞の機能や性質も持っているため、次のような場合もあります。

1.目的語や補語、修飾語を後に続ける

 

2.文中の主語や目的語とは別に、不定詞の意味上の主語や目的語がある

 

3.進行形、受動態、完了形の形がある

 

 

 

〈be動詞+形容詞+to不定詞〉

1.  He  is eager to join the team.

 彼はそのチームに入りたがっています。

 

■ be eager to do ~したがっている

 

 

2.  We are ready to answer any question.

 私達はどんな質問にも答える準備ができています。

 

■ be ready to do ~する準備ができている

 

 

3.  I am willing to support you.

 喜んであなたをサポートします。

 

■ be willing to do 喜んで~しようとする

 

■ be unwilling[reluctant] to do ~したがらない

 

 

4.  It is likely to snow.

 雪が降りそうです。

 

■ be likely to do ~しそうだ

 

 

5.  She is able to play soccer well.

 彼女は上手にサッカーをすることができます。

 

■ be able to do ~できる

 

■ be unable to do ~できない

 

 

 

問題

英語で言いましょう。

1.  He  is eager to join the team.

 彼はそのチームに入りたがっています。

 

2.  We are ready to answer any question.

 私達はどんな質問にも答える準備ができています。

 

3.  I am willing to support you.

 喜んであなたをサポートします。

 

4.  It is likely to snow.

 雪が降りそうです。

 

5.  She is able to play soccer well.

 彼女は上手にサッカーをすることができます。